初心者の中国株長期投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

深セン市総合改革関連総体方案 【1】

中国株ブログ-

 先ごろ国務院で承認された『深セン市総合改革関連総体方案』には、深セン独自の部分と、香港との協力部分があります。
 今回は深セン独自の部分について見て行きましょう。
 2009年5月27日付「人民網日本語版」が次のように報じています。

 国務院はこのほど、深セン市の総合改革に向けた総体プランを認可した。これによると、深セン市は今後、金融改革イノベーション試行エリアの構築に向け、以下の9分野から着手していく。新華社が伝えた。
(1)深セン証券取引所の役割を十分に発揮させ、中小企業市場を大きく発展させ、ベンチャー市場と場外取引市場の深センへの設立を積極的に支援し、多層的な資本市場の構築を加速する。
(2)本位貨幣と外貨による債券市場の深センへの設立を検討する。
(3)先物取引を大きく発展させ、各種の財産権市場を整理・規範化する。
(4)法律法規や産業管理規則への合致を前提として、銀行・証券・保険・基金・先物などの機構が金融商品と経営モデルを革新することを支援する。
(5)不動産・高速道路・埠頭(ふとう)・電力などの資産の証券化を積極的に検討する。
(6)金融関連サービス業の発展を加速させ、アジア太平洋地域に広がる金融関連サービス拠点を構築する。
(7)ベンチャー投資を促進するための基金や株式投資ファンドの発展を積極的に検討する
(8)少額ローン会社や民営中小銀行を発展させ、中小企業による融資サービスシステムを改善する。
(9)金融監督を強化するための効果的なモデルを検討・構築し、金融リスクを防止・解消する。
 関係者によると、深セン市のGDPのうち金融業は12.9%を占める。深セン市は、中国によるベンチャー市場打ち出しをきっかけとして、同市の金融業の発展を加速させていく構えだ。


 この総体プランから深セン市が市を挙げて中小企業市場の支援、ベンチャー市場の育成を行うことにより、金融業を発展させる姿勢を感じます。
 そのためには総体プランに、

(1)深セン証券取引所の役割を十分に発揮させ、中小企業市場を大きく発展させ、ベンチャー市場と場外取引市場の深センへの設立を積極的に支援し、多層的な資本市場の構築を加速する。

と、あるように深セン証券取引所の役割がとても重要になります。
 まず、中小企業市場の支援には、深セン証券取引所の中小企業板があたるのではないでしょうか。
 2009年5月27日付「済龍 China Press」は次のように報じています。

 5月26日、深セン証券取引所、陳東征理事長は、「中小企業板は、深セン証券取引所創業板設立に当たって重要な基礎となりうる。」と発言した。
 同氏の発言は、中小企業板の2004年設立以来5年の経験と教訓に裏打ちされたもの。
 また、「中国各資本市場における基本的な使命は、ハイテク技術、新技術開発、発展潜在能力のある中小企業のためにサービスを提供すること。これは中国の社会経済構造の変遷と調和発展のための必然的な要求だ。」と発言し、「中小企業の発展には 銀行システム、特に大規模国有銀行が、中小企業に対する積極的な援助方法を探求すると同時に、商業原則に則ったリスクの予防と解消を考慮しなければならない。」と付け加えた。


 そして、ベンチャー市場の育成には、中国のナスダック版と言われている、深セン証券取引所に新たに設立される創業板があたるのではないでしょうか。
 2009年5月25付「済龍 China Press」は次のように報じています。

 5月22日、深セン証券取引所の党委員会書記、理事長の陳東征は第3期理事会第30回会議を主宰・招集した。
 会議では深セン証券取引所は安全な運営と監視・管理強化を基礎に、中央政府・国務院の要請に従って、中国証券監督管理委員会の意見を参照し、すみやかかつ健全な創業市場の建設を加速することが審議された。
 また、『深セン証券取引所創業板株式上場規則」、また「深セン証券取引所債券発売規則」が審議を通過した。
 会議では、創業板上場規則に関する問題に対して、広く社会の意見を取り入れ、さらなる共通認識が形成された。また、現在債券市場が依然として国民経済と資本市場の発展に追いついていないことを認識し、すみやかに制度の革新を進め、債券市場の発展を大いに推進していかなければならないことが確認された。


私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)
広東電力(200539) 陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




スポンサーサイト
    22:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://chinashadow.blog35.fc2.com/tb.php/53-d9b39a98
全記事表示リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

チャイナシャドー

Author:チャイナシャドー
■ 会社員
■ 70年代生まれのO型 既婚 2人の子持ち
■ 住所:Tokyo BetTown
■ 趣味:YMO 映画鑑賞
■ ペット:柴犬マリちゃん
■ 愛車:HONDA/ODYSSEY

メールアドレス
11chinashadow11○gmail.com
(アドレス中の○を@に変換してから送信願います)

訪問者数
いつも御覧いただきまして、ありがとうございます。
相互リンク
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
投資は自己責任
当ブログに掲載されている情報は、情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。 最終的な投資判断はご自身の判断と責任によってなされるものであり、この情報に基づいて被ったいかなる損害について当ブログは責任を負いません。
中国市況

中国株 関連サイト




中国株の第一人戸松信博が中国株で利益を獲得するプロジェクトを実施中!
詳細は今すぐ こちらをクリック!


中国株投資の基礎から銘柄選びまで一冊でOK!
中国株二季報

Google AdSense
人気ブログRANKING
中国株・投資関係の人気上位のブログが御覧になれます。
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。