初心者の中国株長期投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

今のままでは、香港は上海に勝てない

中国株ブログ-

「中国で国際金融センターの地位をめぐり、上海が改めて香港に挑戦状をつきつけている」
「アジアの金融センターを自任してきた香港は地盤沈下への危機感を一段と強めている」
「中国の経済都市としてこれまでもライバル関係にあった上海と香港」
「上海の挑戦を受けて立つ香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官」
「上海の追い上げを切り抜けられるのか」
「香港の焦りは強まるばかりだ」
(2009年4月27日付「 FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE」 )
 今話題の国際金融センターの地位をめぐる上海VS香港の争い。一部マスコミが煽っていると言えなくもないですが。
 結論から言えば、香港は今のままでは上海には到底勝てないと思います。
 2009年3月25日、国務院の温家宝総理は国務院常務会議を開催し、上海に国際金融センターと国際水運センター建設を促すことに関する意見を審議し、原則的に採択しました。
 そして今回の2009年4月29日、国務院(中央政府)が上海の金融都市計画に関する意見書を正式に公布しました。
 同日に上海で開かれた記者会見において国家発展改革委員会の劉鉄男副主任が次のように述べています。
 「香港と上海は金融センターと水上運輸センターを問わず、規模や製品の多元化、国際レベル及び従業員の専門レベルにおいても同じレベルではないし、サービスの対象や範囲も違う」
「中国政府は上海と香港が優位性を互いに補い、戦略的協力を強化して、合理的に分業し、共に発展していくことを望んでいる」
(2009年4月30日「中国国際放送局」)
 「香港は規模、金融商品、多様性、国際化ともに上海を上回っており、香港の地位は当面揺るがない」
(2009年5月1日「NNA.ASIA」)
 また上海の屠光紹・副市長も次のように述べています。
 「金融面で上海はまだ香港の弟のような存在」
「上海は香港の経験を学び、相互の発展を目指していきたい」
(2009年5月1日「NNA.ASIA」)
 さて今回も香港に対して、出ました!!毎度お馴染みのフレーズ「優位性を互いに補い」「戦略的協力」「合理的に分業」「共に発展」
 まあよくこれだけ綺麗事が並べられる、というかほとんど社交辞令?
 では上海の本音を各コメントの行間から読み取ってみましょう。
「香港の地位は当面揺るがない」
「上海はまだ香港の弟のような存在」
→香港には「当面」「まだ」負けているが、上海国際金融センター完成予定日の2020年までに逆転するぞ、ということ。
「上海は香港の経験を学び
→香港を利用させてもらう、ということ。
 また、2009年5月1日「NNA.ASIA」が次のように報じています。
 「金融商品分野で連携 意見書は、2020年までに上海に国際金融センターを建設することを目的に、上海で株式、債券、為替関連の金融派生商品(デリバティブ)の販売を充実させていくことなどを定めており、その過程で上海は香港との連携を積極的に模索するとしている。4月30日付香港文匯報は、双方のつながりが強まれば、今後香港市場で上海証券取引所の株価指数に連動する上場投資信託(ETF)などの金融商品の取引が活発化するとの見方を示している。4月30日付香港各紙が伝えた」
 この件は、私の持ち株「香港証券取引所(00388)」にとっては好材料でしょうか?少し複雑な気持ちです。

 「渡辺篤史の建もの探訪」は毎週楽しみにしている数少ない番組のひとつです。 今年で20周年を迎えて、記念本が出ました。私は例の靴磨きの少年書店で購入しました。お近くの書店にない場合は、こちらからお買い求めになれます。


 香港市場が開いている祝日、普段は仕事でトレードできないから今日はじっくりとザラ場を見よう、という時ありませんか?
 そして、パソコンの電源を入れて、いざトレード画面を覗いて・・・・・唖然!!
 祝日で証券会社が休みだからトレードもできないんだ(泣)・・・・・なんだよ(怒)
 よくあることです。
 でもユナイテッドワールド証券なら香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
 香港市場が開いている祝日は、コーヒー片手にトレード日和。
 私も口座を開いているユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)

↓ランキングのための応援クリックお願い致します。他の人気中国株ブログも御覧になれます。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




中国株四半期速報2009年春号 」は私も購入している情報源です。
財務情報はもちろん、企業の近況報告など見開き1ページたっぷりの情報が豊富で、嬉しいです。 他と比べても圧倒的な情報量の「中国株四半期速報2009年春号 」を自信を持ってお薦めします。
また、本がネットと違う利点は寝っころがって読めるユルさですね♪


スポンサーサイト
    06:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://chinashadow.blog35.fc2.com/tb.php/38-750bfcc8
全記事表示リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

チャイナシャドー

Author:チャイナシャドー
■ 会社員
■ 70年代生まれのO型 既婚 2人の子持ち
■ 住所:Tokyo BetTown
■ 趣味:YMO 映画鑑賞
■ ペット:柴犬マリちゃん
■ 愛車:HONDA/ODYSSEY

メールアドレス
11chinashadow11○gmail.com
(アドレス中の○を@に変換してから送信願います)

訪問者数
いつも御覧いただきまして、ありがとうございます。
相互リンク
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
投資は自己責任
当ブログに掲載されている情報は、情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。 最終的な投資判断はご自身の判断と責任によってなされるものであり、この情報に基づいて被ったいかなる損害について当ブログは責任を負いません。
中国市況

中国株 関連サイト




中国株の第一人戸松信博が中国株で利益を獲得するプロジェクトを実施中!
詳細は今すぐ こちらをクリック!


中国株投資の基礎から銘柄選びまで一冊でOK!
中国株二季報

Google AdSense
人気ブログRANKING
中国株・投資関係の人気上位のブログが御覧になれます。
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。