初心者の中国株長期投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

人民元国際化〈5〉 課題

中国株ブログ-

 人民元の急速な国際化と世論の過度な期待に対して、苦言を呈する意見を以下の通り紹介します。

 「その一方で専門家は、人民元の国際化は加速しているものの、道のりは長く、少なくともいくつかの関門を乗り越えなければならないと指摘する」
(2009年4月10日「人民網日本語版」)

 「実際に人民元が国際通貨として認知されるまでには『20年以上かかる』(市場関係者)との厳しい見方が支配的だ」。
(2009年4月9日「MSN産経ニュース」)

 「また、中国の現行の不合理な経済構造とぜい弱な金融システムでは人民元国際化戦略を支えきれないので、現時点での国際化は時期尚早だとの見方を示す専門家もいる。『文匯報』が伝えた」
(2009年4月9日「人民網日本語版」)

 「人民元が国際化の大きな一歩を踏み出すことに、多くの人がいつになく興奮している。『試験的な人民元建て決算が成功すれば、人民元は国際通貨流通において発言権を獲得し、世界通貨の覇者である米ドルに対抗し、対等の兄弟となりえる』というネットユーザーまでいる。
 ネットユーザーや専門家が人民元のいち早い国際化を願う気持ちは理解できるが、人民元の国際化に関する問題については、慎重さが必要だ。人民元の地位や作用を実際以上に高く見積もってはならない」
(2009年4月13日「人民網日本語版」)

 では、中国が人民元を国際化するにあたり何が課題なのでしょうか。

 【1】経済総合力。中国の現在の経済総量と対外貿易額はそれぞれ世界第4位と第3位ではあるが、米国には遠く及ばない。経済総量は米国のわずか23.7%だし、貿易総量は依然として米国とは比べものにならない。米国は今でも唯一の超大国なのだ。このため世界経済トップ2、3の日本とドイツでさえも自国通貨で米ドルと対抗するとは軽々しく発言しない。
 【2】準備通貨メカニズムの整備。中国の為替レートの体制と枠組みは今だ整備されておらず、国際化のレベルに達していない状況で、人民元を準備貨幣とするのはリスクが高いだけでなく、より重要なこととして、投資や資産の機能を果たせない。
 【3】人民元の国際化は単に価格と数量の問題ではなく、中国の金融管理水準、認知能力、管理能力など各方面に関わってくる。例えば、世界で2番目に流通しているユーロは、1999年の発行からすでに10年経つが、監督・認知面などの総合措置の整備が進まず、今だドルの覇王の地位を脅かすに至っていない。人民元は国際化の小さな一歩を踏み出したにすぎないのに、ドルとの対抗を唱えるのは空論にすぎない。
(【1】~【3】2009年4月13日「人民網日本語版」)
 【4】特に、中国が資本取引に対して厳しい制限を設けていることは人民元の国際化の大きな制約となっている。
 中国は人民元の国際化を進めるために、資本取引の自由化を急ぐべきだという意見も一部にはあるが、その機はまだ熟していないように思われる。1997-98年のアジア通貨・金融危機当時のタイやインドネシアの経験が示しているように、国内金融システムの脆弱性に注意を払わず、資本取引の自由化を急ぐことは、バブルの膨張と崩壊を招くことになり、非常に危険である。結局、人民元の国際化は、資本移動の自由化とその前提条件となる国内の金融改革の歩調に合わせて、「漸進的」に進めていくしかない。その地理的範囲も当面、周辺諸国・地域にとどまるだろう。
(2009年4月6日付「実事求是」)
 【5】「(人民元が地域間の投資通貨となること)を達成する前提として、人民元の両替を自由化しなければならない。現在中国の人民元は経常項目においてのみ両替を自由化しており、資本項目においてはまだ制限がある。これは今後人民元の国際化にとって最大の障害となるだろう。
 【6】また、中国は金融市場を成熟させる必要がある。周辺諸国により多くの人民元建ての金融商品を提供するため、人民元建てのアジア債券市場の発展を後押しし、準備貨幣の機能を形成し金融市場の基礎を固めるため、対米ドル債券市場の過度な依頼を軽減し、国外の人民元保持者に投資機会を作り出す。
 【7】当然、最も重要になってくるのは国力を強めていくことだ。国際情報化協力センターのエコノミスト・哈継銘氏は『強大な通貨の背後には必ず強大で高効率の経済が後ろ盾となっている。経済の大きな起伏に伴い通貨価値も大きな起伏を繰り返す。このため経済の安定した成長も、人民元の国際化にとって重要で先決の条件となる』と話す。
(【5】~【7】2009年4月10日「人民網日本語版」)

 さて、この中で一番説得力があるのは【4】の
 「1997-98年のアジア通貨・金融危機当時のタイやインドネシアの経験が示しているように、国内金融システムの脆弱性に注意を払わず、資本取引の自由化を急ぐことは、バブルの膨張と崩壊を招くことになり、非常に危険である」
 だと思います。これをもっと身近でわかりやすい例で春山昇華氏が次のように述べています。
 「人民元の国際化を慎重に進めている
外圧で急速な開放をしてビジネスの美味しいところを外資系に大量に差し出し、通貨高で経済もコントロール不能になった日本を反面教師として、シッカリ認識している中国は、決して急ごうとしないが、後退もしない」
(2009年4月18日「おかねのこねた」)
 これは本当に説得力がありますね。
 4月13日付「人民網日本語版」が次のように人民元国際化のあり方を述べています。
 「人民元の国際化の道のりについて、人民元がドルに対抗できるという軽々しい発言は控えるべきだ。中国の国情に合わせて、一歩一歩着実に行動していけば、いつかはドルの独占的な地位を打ち破り、ドルの覇者の地位に対して有力なバランスをとり、国際金融においてより多くの発言権を獲得する日がくるだろう」

 会社に行く前に中国株に指値を入れて、帰宅して刺さってないと落ち込みますよね。それが株価の上昇といたちごっこになると堪ったものではありません。
その点、ユナイテッドワールド証券では携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
 しかし携帯トレードが可能でも、香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
 以上のことからユナイテッドワールド証券では、取引のタイミングを逃しません。
 私も口座を開いているユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)

↓ランキングのための応援クリックお願い致します。他の人気中国株ブログも御覧になれます。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




中国株四半期速報2009年春号 」は私も購入している情報源です。
財務情報だけでなく、企業の近況報告など1ページたっぷりの情報が豊富で、嬉しいです。 他と比べても圧倒的な情報量の「中国株四半期速報2009年春号 」を自身を持ってお薦めします。
また、本がネットと違う利点は寝っころがって読めるユルさですね♪


スポンサーサイト
    22:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://chinashadow.blog35.fc2.com/tb.php/33-c048ccd0
全記事表示リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

チャイナシャドー

Author:チャイナシャドー
■ 会社員
■ 70年代生まれのO型 既婚 2人の子持ち
■ 住所:Tokyo BetTown
■ 趣味:YMO 映画鑑賞
■ ペット:柴犬マリちゃん
■ 愛車:HONDA/ODYSSEY

メールアドレス
11chinashadow11○gmail.com
(アドレス中の○を@に変換してから送信願います)

訪問者数
いつも御覧いただきまして、ありがとうございます。
相互リンク
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
投資は自己責任
当ブログに掲載されている情報は、情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。 最終的な投資判断はご自身の判断と責任によってなされるものであり、この情報に基づいて被ったいかなる損害について当ブログは責任を負いません。
中国市況

中国株 関連サイト




中国株の第一人戸松信博が中国株で利益を獲得するプロジェクトを実施中!
詳細は今すぐ こちらをクリック!


中国株投資の基礎から銘柄選びまで一冊でOK!
中国株二季報

Google AdSense
人気ブログRANKING
中国株・投資関係の人気上位のブログが御覧になれます。
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。