初心者の中国株長期投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

人民元国際化〈2〉 人民元建て決済

-がんばれ、中国株長期宣言!!-

 対外貿易の人民元建て決済を試験的に導入することが決定しました。この決定は人民元国際化の第一歩として、各方面から受け止められているようです。
 2009年4月9日付「人民網日本語版」が次のように報じています。
 「国務院は8日に常務会議を開催し、上海市と広東省の広州市、深セン市、珠海市、東莞市の5市で、対外貿易での人民元建て決済を試験的にスタートすることを決定した。これにより、これまで国境地域での貿易に限定されていた人民元建て決済が、一般の対外貿易にまで拡大されたことになる。『国際金融報』が伝えた。
 この会議によると、国際金融危機に直面した現在の情勢下で対外貿易での人民元建て決済を実施することは、中国と周辺国・地域との経済貿易関係の発展を推進し、為替レートのリスクを避け、貿易環境を改善し、対外貿易の安定した成長を維持する上で、重要な意義があることだという。
 会議では、国務院の関連部門が関連の管理規定を早急に制定・公布し、人民元建て貿易決済業務の統一した規範化を進め、テスト事業を緩やかに推進することが必要だとされた。
 ▽人民元国際化の第一歩
 人民元が国際決済業務に使用されるようになると、輸出入企業による人民元建ての価格計算や決済、中国国内居住者から中国国外居住者への人民元での支払いなどが認められることになる。また国外居住者が人民元建て預金通帳をもち、国際決済を行うことも認められるようになる。人民元の完全自由両替の実現や段階的国際化に向けた重要なプロセスとして、対外貿易での人民元建て決済テスト事業は注目を集めている。
 復旦大学世界経済研究所の華民所長は『対外貿易での人民元建て決済テスト事業のスタートは、人民元国際化の始まりとみることができる』と話す。
 中国人民銀行(中央銀行)の関係者によると、人民元の国際的地位の上昇は、主として国の経済力や対外開放レベル、および金融市場の発達レベルによって決まる。これらに関して中国自身が努力を重ねなければ、人民元のあるべき価値を保つことはできない。
 ▽市場ニーズに対応
 また華所長は、対外貿易での人民元建て決済テスト事業が行われることにより、実施5都市で金融取引が増加するとの見方を示す。
 これまで中国と他国との貿易では第三国の通貨で価格計算や決済が行われるのが常で、中国企業も海外企業も為替レートのリスクを負わなければならなかった。主なリスクとして米ドルレートのリスクが挙げられる。国際金融危機の発生により、国際貿易で最もよく使用される米ドルとユーロの為替レートが激動し、世界経済の鈍化ともあいまって貿易融資は大きな打撃を受けた。貿易ニーズもレートの激動と貿易融資の減少によるマイナス影響を受けた。米ドルとユーロの為替レートが激動する中で、中国企業とその貿易相手国の企業とは、価格が相対的に安定した人民元建てで価格計算や決済を行い、米ドル・ユーロ建て決済における為替レートのリスクを避けたいと願うようになった」
 そして2009年4月9日付「チャイナネット」も次のように報じました。
 「人民元建て貿易決済はまた、人民元が国際化の道を歩み始めたことも意味している。国際金融危機は人民元国際化にチャンスを与えている。米国の『金ばら撒き』政策は金融危機を世界に転嫁するものであり、国際金融体系において実体経済を下支えとする通貨が国際通貨システムに仲間入りすることが期待されており、人民元はまさにその期待を担っている。『ユーロの父』マンデル氏は、既存のドル、ユーロ、日本円の他に、人民元はやがて4番目の国際通貨になるという見方を示している。人民元の国際化は、中国の長年にわたる『貿易大国、通貨小国』というアンバランスな状況を変え、現行の国際通貨体制の中国へのマイナス影響を軽減し、中国の世界経済における影響力と発言権を強化し、中国の国際地位を向上させる上で有利となる」
 さて、人民元国際化に向けて具体策が決定した、このことが大きいのではないでしょうか。ドル、ユーロ、円の次に人民元が続く時代が遠くない未来として見えて来たのです。




■ 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より


私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より


【保有中国株香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)

↓ランキングのための応援クリックお願い致します。他の人気中国株ブログも御覧になれます。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

スポンサーサイト
    21:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://chinashadow.blog35.fc2.com/tb.php/29-3ceb3f8d
全記事表示リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

チャイナシャドー

Author:チャイナシャドー
■ 会社員
■ 70年代生まれのO型 既婚 2人の子持ち
■ 住所:Tokyo BetTown
■ 趣味:YMO 映画鑑賞
■ ペット:柴犬マリちゃん
■ 愛車:HONDA/ODYSSEY

メールアドレス
11chinashadow11○gmail.com
(アドレス中の○を@に変換してから送信願います)

訪問者数
いつも御覧いただきまして、ありがとうございます。
相互リンク
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
投資は自己責任
当ブログに掲載されている情報は、情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。 最終的な投資判断はご自身の判断と責任によってなされるものであり、この情報に基づいて被ったいかなる損害について当ブログは責任を負いません。
中国市況

中国株 関連サイト




中国株の第一人戸松信博が中国株で利益を獲得するプロジェクトを実施中!
詳細は今すぐ こちらをクリック!


中国株投資の基礎から銘柄選びまで一冊でOK!
中国株二季報

Google AdSense
人気ブログRANKING
中国株・投資関係の人気上位のブログが御覧になれます。
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。