初心者の中国株長期投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

【香港証券取引所】 懸念材料払拭 / 中国株ブログ

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

 2008年12月9日付「人民網日本語版」が、香港証券取引所(00388)について次のように報じていました。

 香港特別行政区政府財経事務及庫務局(金融政策と政府財政を担当)の陳家強・局長は8日、香港証券取引所に上場している企業が今年10月末現在で1529社にのぼり、うち大陸部の企業が453社、上場企業総数の36%、時価総額の55%を占めることを発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。
 香港本土の金融業は07年、国内総生産(GDP)の16%、雇用人数は香港の労働人口の5.5%を占め、香港経済を支える4本柱のひとつとなっている。香港株式市場の時価総額は今年10月末に約9兆5800億香港ドルに達し、世界で7番目、アジアで3番目の規模を誇る。


 つまり、もう中国本土の企業なくして香港証券取引所(00388)は成り立たない水準まで来ているのではないでしょうか。
 前回のブログ香港への煽り記事疑惑!?で香港への煽り疑惑があった2009年6月15日付「@niftyニュース(レコードチャイナ)Newsweek誌」もさすがにこの点を衝いていました。

 香港の株式市場を支える中国本土の企業の多くが国営企業であるため、政府の命令1つで上海市場に移ることが容易に予測されるからである。

 この点は、香港証券取引所(00388)最大の懸念材料ではないでしょうか。
 しかし、もし仮にそんなことがあるとしたら、それは中央政府が香港を切ることを意味するのではないでしょうか。
 さて、この懸念に応えるように2009年6月19日付「中国国際放送局」が次のように報じました。

 香港特別行政区政府財政局の曾俊華局長は18日、香港市場に上場している大陸の企業は470社に達したと述べ、今後もアジア太平洋地域さらには地域外の企業の上場を目指す考えを明らかにしました。
 曾俊華局長は香港証券取引所開設9周年を記念するレセプションで、「1993年に大陸企業が香港市場に初めて上場して以来、香港は大陸企業の重要な資金調達の場となってきた。中央政府は大陸企業の香港上場を支持していくと表明しており、金融協力を引き続き強化するため、香港特別行政区政府は関係者と協議を進めているところだ」と述べました。


 中央政府が大陸企業の香港上場を支持していくと表明したことは、香港証券取引所(00388)にとって懸念を払拭する、この上ないプラス材料ではないでしょうか。
 また、同じく香港証券取引所開設9周年記念レセプションを2009年6月18日付「新華通信ネットジャパン」が次のように報じています。

  また、同氏は「特別行政区政府は香港をアジア太平洋地域ひいては全世界の上場プラットホームにするために力を尽くしている」と表明、「香港取引所の責任者は融資プラットホームとしての香港の優位性を押し広めるためにロシアを訪問、現地会社から積極的な呼応を呼んでいる」と紹介した。
 香港取引所は融資プラットホームとしての香港の地位を固めるために多様な方策を模索している。うち国際標準または上場敷居を守る前提のもとで上場審査プロセスを簡素化し、上場要求を会社の実際の事情に近づかせるために対策を検討することが含まれる。

(同氏=香港特別行政区政府財政局の曾俊華局長)

 曾俊華局長が述べた「香港をアジア太平洋地域ひいては全世界の上場プラットホームにするために力を尽くしている」という考えは、2008年7月、大和・IRセミナー「中国の未来を支える企業」において、香港証券取引所(00388)のCEO(最高経営責任者)周文耀氏が、アジアの市場から世界の市場を目指すと、語ったことに沿うものと思われます。
 この件は以前のブログ【香港証券取引所(00388)】 アジアの市場から世界の市場を目指すを御覧下さい。
 さらに、2009年6月10日付「サーチナ」も香港証券取引所(00388)の好材料を次のように報じていました。

 モルガンスタンレー証券は研究レポートのなかで、香港証券取引所(ホンコンエクスチェンジ、00388)のレーティングを「ニュートラル」から「バイ」、目標株価を101香港ドルから158香港ドルに上方修正、2010年、11年のEPS(1株当たり利益)もそれぞれ15.2%、17.9%引き上げている。
 同証券では、香港証券取引所は中国を利用して市場規模を拡大していくとの期待があり、投資の主要テーマとしては他のアジア株式市場と一線を隔す戦略を採っている、とみている。中国本土にハンセン指数に連動するETF(指数連動型上場投資信託)を創設するなど、国内資金が香港に流出し易くしてなっていることから、香港でのIPOもその恩恵を受ける、と分析している。


 香港証券取引所(00388)の見通しが少し明るくなってきたようです。出来高、売買も増え、株価も底値から倍近くになっています。
 思えば、私が香港証券取引所(00388)の株を拾っていた(正確には持ち株との入れ替え)2008年10月~2009年3月の同社の評価は最悪でした。
 たとえば、2008年11月18日付「サーチナ」などは次のように報じていました。

 証券取引所の主な収入源は、株式売買の取引手数料である。そのため、売買代金が増えれば増収となるのだが、香港証券取引所では2007年第4四半期に1日当たり平均売買1340億香港ドルをマークしてから、08年第1四半期-3四半期にかけて、983億、758億、634億香港ドルと、日を追うごとに出来高が減少。株価の急落にともない、投資家の株式離れが進んでいることが原因とされる。
 市場関係者の間では、世界の経済情勢は依然として不透明感が強く、企業業績の先行きも暗い状況では、株価の回復は楽観視出来ないとする意見が根強い。


 また、以前のブログ【香港証券取引所(00388)】 2008年12期の年度決算でも香港証券取引所(00388)のボロクソな評価が御覧いただけます。
  そんな時、尊敬して止まないカリスマ投資家達が囁いたのです。

■ ウォーレン・バフェット氏
「株というのはハッピーなときに買うものじゃない」
「コマドリが現れるのを待っていたら春は終わってしまう」

■ Qさん(邱永漢先生)
「株はみんながソッポを向く時に買うもの」

■ カテキン氏
「過去のどの暴落でもそうしていたように『とにかく買う事』」

■ 春山昇華氏
「この暗い闇の時に出発せざるを得まい、夜明けはまだ先だろうが、、」

■ 澤上篤人氏
「長期投資家は、みんなが真っ青になっているときにこそ買う」

■ 小泉鉄造氏
「一番怖いのはこのように安くなっているときに購入しないことです」

■ 踏み上げ太郎氏
「リズムを間違えないで下さい。くどいようですが買い注文というのは恐怖でオシッコちびりそうになりながら入れるもの」


 また、どういうビジョンで香港証券取引所(00388)買ったかは、以前のブログ【香港証券取引所(00388)】 最もディフェンシブ性が弱い銘柄を御覧下さい。
 さて、2009年6月19日付ロイターが次のように報じました。

 香港取引所<0388.HK>、規制改善と店頭市場からのオプション取引の呼び込みを目指し、2010年第1・四半期から「フレキシブル・オプション」という新たなデリバティブ商品の導入を検討=夏佳理・会長

 この先もポジティブサプライズを期待できそうです。

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388)東方電気(01072)
陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




スポンサーサイト
    21:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ついにベールを脱いだ新CEO (李小加氏の経歴に加筆)

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

 香港証券取引所(00388)最高経営責任者(CEO)次期就任発表後、李小加氏が次のように発言しています。

 「国際金融センターという問題において香港と上海は互恵で互いに利益がある。たとえ競争があるとしても良い競争だ」

 「中国経済の高度成長を背景に大陸部の金融サービス業の海外進出は必至のところだ。それに大陸部市場は大きな潜在力を抱えている前提のもとで香港と上海は金融発展において互恵で互いに利益がある。たとえ競争が現われるとしても良い競争で、ウィンウィンを実現できる」

 「香港はこれまで競争を恐れることがない。そして今の成功も競争によるも のだ。高度の商業化、市場主導と比較的強い中核的競争力を持っている香港は 不敗の地に立つことができる」

 「香港市場の運営に関する認識はまだ足りないが、時間を惜しんで十分に理解し、業界の信頼を獲得するために努力する。それに長い目で見れば、香港の国際金融センターとしての地位と中核的競争力を守りたい」


(2009年6月4日「新華社通信ネットジャパン」)

 本土、上海に対する発言自体は、今まで現CEOの周文耀氏やロナルド・アーカリー(夏佳理)会長、または香港政庁が発言してきた“当たり障りない”ものと何ら変わりはないですね。まあ、まだ就任前なので、独自色も出せないとは思いますが。
 また、李小加氏の経歴も明らかになってきました。

■ 今年48歳
■ 北京生まれ
■ アモイ大学文学学士(英国文学)
■ 米国アラバマ大学新聞学修士およびコロンビア大学法学博士学位を有している。
■ NYの法律事務所に勤務
■ 1994年には中国財政省の代理人として、同国初のグローバル債10億ドルの起債に携わった。
■ 米メリルリンチの中国部門で8年勤務。
■ 2003年にメリルリンチ中国地域取締役総経理兼総裁で離職。
■ 2003年に米JPモルガン・チェースに入社。
■ 現在、米JPモルガン・チェースの中国部門会長を務める。

(参考記事:2009年6月4日「新華社通信ネットジャパン」・2009年6月4日「bloomberg.co.jp アジア」・2009年6月5日「Klugクルーク/マネーキャスター小原隆子のマネー九龍」)

 さらに、2009年6月4日付「bloomberg.co.jp アジア」は続けて次のように報じています。

 富昌証券(フルブライト・セキュリティーズ)のゼネラルマネジャー、フランシス・ルン氏は、李氏の指名は「中国本土市場とさらに統合を進めるという観点から見て香港取引所にとって有益だ」と述べ、「彼の中国出身という経歴が本土とのより良い関係構築に役立つ」との見方を示した。
 香港取引所は、2003年5月に就任した周CEOの下、中国を事業戦略の重点に据えてきた。中国企業の新規株式公開(IPO)の誘致を進める一方、中国本土の取引所と共同で商品開発にも取り組んできた。さらに中国本土からの直接投資の可能性も探っている。


 つまり、李小加氏がCEOに選ばれたのは、中国本土のIPOをガンガン誘致し、港股直通車を実現させ、手数料を稼ぎまくり、将来的には中国本土市場とさらに統合を進めることを期待されているのです。
 よって、李小加氏には、なぜ自分が選ばれたのか、何を期待されているのかをよく自覚していただき、「私が来たからには、中国本土証券会社との合併に向けて邁進する所存です」ぐらいのことを述べてほしいものです。
 香港証券取引所(00388)初の中国出身のCEOに中央政府へのベタベタな根回しを期待しています。  

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)
広東電力(200539) 陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




    23:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

なぜ香港証券取引所(00388)を買ったのか

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

 2008年10月の大底(今のところ)から上昇し始めた11月頃、私はあるハイテク中国株ADRを抱えて悶々としていました。
 そんな時、邱永漢先生の次の言葉を思い出したのです。

 では自分が間違って買った株は値上がりしてから売る株かというと、値上がりするまで待っているよりも、値下がりしても売る株なのです。
 したがって大暴落をしている時は、買いたいと思っていた株を安値で手に入れることのできる時ですから、同じように安値になった売りたい株を売ってかねてから買いたかった株に乗りかえる時期でもあります。
 株の大暴落する時はあわてて株を売る時ではなくて、要らない株を処分してかねてから欲しいと思っていた株に乗りかえる時期だということになります。

(2007年3月26日付「もしもしQさんQさんよ/第2572回「大暴落の時に素早くやるべきこと」)

 そして、ハイテク中国株ADRを損切りして、暴落していた、以前は高嶺の花ならぬ高値の株だった香港証券取引所(00388)を購入したのです。
 購入理由は、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の銘柄発掘手法に当てはまるところが多かったからなのです。
■ サービスの永続性
■ サービスの市場独占性
■ 成長性
■ バカでも経営できる企業を探しなさい。いずれ、そういう人間が経営者になるのだから
■ 特に経営されていなくても多額の利益が上がる企業、これが私の理想です
 また、指数銘柄なら景気回復期にファンドが買ってくれると期待したからです。
 実は、中国人寿保険とどちらにするか迷っていました。しかし、中国人寿保険は外資との激しい競争に晒される、という結論に至りました。そして、サービスの市場独占性、競合他社がいないことを一番の理由に香港証券取引所(00388)の購入を決心したのでした。
 しかし、甘かった(泣)。それは、ライバル上海証券取引所の存在です。

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)
広東電力(200539) 陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




    14:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

合併に向けての動き

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

 香港証券取引所の李業広前主席はこのほど、香港、上海、深センの証券取引所は合併するべきだとの考えを示した。11日付で中国証券報が伝えた。
 李前主席は「金融センターは規模が大きければ大きいほど良い。香港、上海、深センの証券取引所が合併すれば上場企業時価総額が世界6位の3.9兆米ドルになる。東京証券取引所、ナスダック、ロンドン証券取引所などに挑戦できるようになる」と語った。
 また「いつになったら実現できるか予測するのは難しいが、香港特区政府はいずれ中央政府と検討するだろう」と述べた。
(2007年6月11日「サーチナ」)

 香港証券監督管理委員会の方正主席はこのほど、中国のビジネス誌の取材に応じ「香港証券取引所の売買代金は去年、上海証取に追い越されたが、あまり心配していない。香港は金融センターとして急速に進歩しており、法令、銀行ネットワーク、人材などの面で自信がある。繁栄が近い将来に揺らぐことはありえない」と述べた。
 一方で、方主席は世界で加速している証取の再編に絡み「今すぐ香港、上海、深センの証取が合併することは不可能だ。しかし上海証取が全面的に開放されたら、合併することになるだろう」と語った。
(2007年6月26日「サーチナ」)


 しかし、香港証券取引所(00388)の周文耀CEOは合併をキッパリと否定した。

 香港取引所(0388.HK: 株価, 企業情報, レポート)の周文耀(ポール・チョウ)最高経営責任者(CEO)、同取引所と中国本土の証券取引所が合併することは不可能だろうと発言。市場監視のメカニズムが大きく相違するため。
(2008年6月5日「ロイター」)


 この記事のポイントは合併の弊害が、

市場監視のメカニズムが大きく相違するため

と、いうことです。
 2009年3月23日付「ロイター」の次の記事は、以前のブログで取り上げたのですが、その時は気付きませんでした。

 香港と中国本土の政府、特定の本土系会計会社が香港市場に上場する企業の監査を行うことを可能にする規則の変更案について、香港の証券取引所および会計監督当局と協議中。

 つまり、本土系会計会社が香港市場に上場する企業の監査を行うことを可能にする規則の変更案とは、市場監視のメカニズムの変更案であり、合併に向けた動きだったのではないでしょうか。
 先日、香港証券取引所(00388)の次期総裁にJPモルガンの現中国地域主席李小加氏が就任することが決まりました。
 しかし、その少し前の2009年5月15日付「ロイター」が次のように報じているのです。

 周文耀(ポール・チョウ)香港取引所<0388.HK>最高経営責任者(CEO)の後継者として、地元出身者ではなく、本土出身のチャールズ・リーJPモルガン・チェース中国部門会長が最有力候補に挙がっていることに対し、地元議員から疑問の声。中国政府が取引所への監督を強める意向なのではとの懸念が広がる。同CEOは来年4月に退任する予定。

 利権に固執するこういう輩をなんとかしないと香港証券取引所(00388)の未来が危ないですね。

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)
広東電力(200539) 陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




    19:32 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top

【香港証券取引所(00388)】 新CEO

中国株ブログ-

 2009年5月14日付「 Bloomberg.co.jp アジア」は、香港メディア「明報」が伝えた香港証券取引所(00388)の新CEOについてのスクープ?を次のように報じました。

 5月14日(ブルームバーグ):米銀JPモルガン・チェースの中国部門の李小加会長(48)が、入社から6年間で同社を退社することが、事情に詳しい関係者2人の話で分かった。
 李会長は退社後、投資銀行業界を退き、香港企業に幹部として入社するという。発表前であることを理由に同関係者が匿名を条件に明らかにした。同関係者の1人によると、9月前後に退社する予定だという。
香港紙、明報は14日、李会長は香港取引所の周文耀最高経営責任者(CEO)の有力後任候補だと報じた。事情に詳しい複数の関係者の話を基に伝えた。
JPモルガンの広報担当マリー・チョン氏(香港在勤)はコメントを控えている。香港取引所の広報担当ロレイン・チャン氏は明報の報道に関するコメントを避けた上で、同取引所が新CEOの人選で「最終段階」にあることを明らかにした。


 そして、この報道通りに香港証券取引所(00388)の新CEOが李小加氏に決定しました。
 2009年5月22日付「サーチナ」は次のように報じています。

 香港交易及結算所有限公司[香港上場、香港証券取引所(ホンコンエクスチェンジ)、00388]の役員会で21日、同証券所の次期総裁にJPモルガンの現中国地域主席李小加氏が就任することが決まった。就任は現総裁周文耀氏の任期終了となる来年4月以降。
 先週、役員会が李小加氏を面接し総裁就任の打診をはかったことを香港メディア「明報」が伝えたため、早めの発表になったもよう。李小加氏の給料は現総裁より少ないとみられている。


 2009年5月15日付「時事通信社」によれば、香港証券取引所(00388)にとって李小加氏は、初の中国出身者のCEOになります。
 その米銀JPモルガン・チェースの中国部門の李小加会長(48)の5年前の同社・主席時代の様子を2004年11月22日付「中国新聞社記事(中国情報局訳)」が次のように伝えていました。

 JPモルガン・チェース中国の李小加・主席は、中国国際金融フォーラムに出席した際、外資の中国市場進出の機会をもっと拡大するよう海外の投資銀行や証券会社は熱望していると述べた。21日付で中国新聞社が伝えた。
 李・主席は、青島ビール(チンタオビール、0168)、中国網通(チャイナネットコム、0906)などADR(米国預託証書)、ADS(米国預託株式)での上場を果たす中国企業がすでに数百社に達しており、合計1000億ドル以上の資金を調達している点を指摘した。
 このように、いわゆる中国の「走出去」が加速度的に拡大しているのに比べ、外資の中国市場への進出はいまだ制限されている現状に言及。今後の中国市場は「走出去」に対する「請進来」をもっと考慮していくべきと強調した。
 現時点における中国の資本市場は、中国のGDP(国内総生産)の4割を支えているにすぎず、先進各国の平均比率である7割には到底及ばない状況であるといえる。
 しかし、現在の成長速度から推測して、現在の中国株式市場の時価総額5000億元が今後10年で4兆元規模にまで成長する可能性は十分にある。このことから李・主席は、いまのうちに中国市場の「国際化」を進めることが必要であるとの見解を示した。


 さて、僅か6年で米銀JPモルガン・チェースの中国部門の会長のポストまで登り詰めたやり手の李小加氏が、現在難しい立場にある香港証券取引所(00388)の舵取りをどうするか、今から楽しみです。
 補足として、サーチナの報道にて李小加氏の給料が現総裁より少ないとみられている原因は、氏自身の能力の問題ではなく、2009年5月21日付「MSN産経ニュース」が報じた次のことが原因なのではないでしょうか。

   【上海=河崎真澄】金融危機による景気低迷に新型インフルエンザ流行が“ダブルパンチ”となって民間給与の減少や失業率の増大が続いている香港で、曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官が政府任命による幹部の報酬引き下げの検討に着手した。
 香港の公務員報酬は民間の給与動向を考慮して調整されるが、過去1年間の香港企業の給与は管理職クラスで平均4・79%も低下したという。
 香港からの情報によると曽長官は「困難な時期を市民とともに乗り切りたい」と語り、報酬や給与が高すぎると批判が集まっている公務員の人件費削減に乗り出す姿勢を示した。
 香港政府幹部の報酬は曽長官が月額37万香港ドル(約450万円)、政務官、財政官、司法官がそれぞれ同33~31万香港ドル、局長クラス12人は一律で同29万8000香港ドルなどとなっている。
 香港政府統計局がまとめた2~4月の失業率(暫定値)は、1~3月比0・1ポイント上昇して5・3%となった。建設、飲食サービス、製造などの業種で雇用状況が大幅に悪化しているという。労働・福祉局では「短期的には深刻な景気後退を背景に失業率の高止まりが続き、新型インフルエンザが労働市場に新たな不透明要因と圧力をもたらした」としている。


 香港証券取引所(00388)も大株主が香港政庁なので役所化してきているのでしょうか!?

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)
広東電力(200539) 陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




    22:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
全記事表示リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

チャイナシャドー

Author:チャイナシャドー
■ 会社員
■ 70年代生まれのO型 既婚 2人の子持ち
■ 住所:Tokyo BetTown
■ 趣味:YMO 映画鑑賞
■ ペット:柴犬マリちゃん
■ 愛車:HONDA/ODYSSEY

メールアドレス
11chinashadow11○gmail.com
(アドレス中の○を@に変換してから送信願います)

訪問者数
いつも御覧いただきまして、ありがとうございます。
相互リンク
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
投資は自己責任
当ブログに掲載されている情報は、情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。 最終的な投資判断はご自身の判断と責任によってなされるものであり、この情報に基づいて被ったいかなる損害について当ブログは責任を負いません。
中国市況

中国株 関連サイト




中国株の第一人戸松信博が中国株で利益を獲得するプロジェクトを実施中!
詳細は今すぐ こちらをクリック!


中国株投資の基礎から銘柄選びまで一冊でOK!
中国株二季報

Google AdSense
人気ブログRANKING
中国株・投資関係の人気上位のブログが御覧になれます。
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。