初心者の中国株長期投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

目指せ中国株の長期投資 【2】 主観的長期投資

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

  先日、帰宅して遅い夕食を取りながら、7チャンネルで「ルビコンの決断」(テレビ東京系・経済ドキュメンタリードラマ・2009年6月4日放送)を観てました。内容は、日清食品の創業者、安藤百福氏(2007年1月没)が日本で初めてインスタントラーメンの「チキンラーメン」を開発したこと、今から40年以上も前に、消費者のことを第一に考え、食の安全確保に情熱を傾けたことについてでした。
 しかし、私が印象に残ったのは全然別のことでした。昭和33年に「チキンラーメン」が発売されると、たちまち大ヒットしました。そして、1年後には追随する会社が次々と現れ、即席めんメーカーは360社にものぼったのです。
 この即席めんメーカーが360社もあるという状態は、今の中国と似ていると思いました。
 果たして、当時の即席めんメーカー360社の内、現在まで生き残っているのは、何社でしょうか?
 邱永漢先生の「中国株の基礎知識」(東洋経済新報社)によれば、中国には自動車(完成車メーカー)だけで110社あります。この中で2020年まで生き残るメーカーは何社なのでしょうか?
 邱永漢先生は淘汰が始まると言っています。そんなリスキーなものに長期投資はできません。
 カテキン氏は、長期投資について次のように述べています。

 それと本当の意味において企業に長期的に投資するという行為は殆ど運に左右されるという事。「万科一本に投資していれば」などとタラレバは何とでも言えるが、現実「これだ」と思った企業が倒産する事もあるし、一向に業績が上がらず10年経っても株価は下がりっぱなしなんて株もある。そういう可能性を少しでも少なくする為に、Qさんはわざわざ企業を訪問した上でまず伸びていきそうな業界の株に投資する。
 つまり、長期投資で損をしない確率を出来る限り高める投資法とはそういう方法しかない。

(2009年2月18日「カテキンの中国株日記」)

 つまり、長期投資とは運に左右される割合が高く、リスクが高いのです。
 さらに、カテキン氏は長期投資について次のようにも述べています。

 今まで、中国株界では事あるごとに『長期投資』『長期投資』と叫ばれ続けてきた。
 あり得ない株価まで買い上げられていても「長期投資だから、売ってしまったらそれで終わりだよ」でハイ終了、どうも見ても業界全体が盛り上がらなくなっているのに「長期投資だから、持ち続ければ儲かるんだ」で、ハイ終了。
 勿論、どんな株が長期投資に向いているかなんて事には言及しない。
たまたま、自分が買った株が大きく上がっていれば「長期投資が成功した」と言い、調子悪くなれば売ってしまう・・ここ5年間、それが普通の「長期投資」であった。

(2009年3月10日「カテキンの中国株日記」)

 つまり、カテキン氏は長期投資とは、結果論的、成り行き的であることを指摘しています。
  では、どうしたら長期投資で成功できるのでしょうか?ここからは、私の超主観的、バイアスな長期投資の考えを述べたいと思います。
 長期投資で成功するためには、長期的に業績低迷・上場廃止・倒産といったリスクのない企業に投資すれば良いのです。しかし、そんなことは不可能です。だから、可能な限りそのリスクの確率が少ない企業に投資するしかありません。
 長期投資において成長株と言う名の小型・新興株は、まず有り得ません。こればかりはいくら尊敬する偉大な大先生にも同意しかねます。成長株の長期投資における成功は結果論です。たまたまなんです。たまたまソニーの株を持っていた。たまたま任天堂の株を義理で買っていた。でも、他にも一杯持っていた・・・なんてとこですよ。
 そして今から中国の成長株の長期投資をしようなんていうのは、金持ちの道楽、博打、宝くじでしかないのです。あるいは一発逆転、貧乏人の妄想投資に過ぎません(これが一番痛い)。
 さて、業績低迷・上場廃止・倒産といったリスクの原因は、アホな経営者、市場規模の縮小など色々ありますが、一番の原因は“競争”、競合他社の存在ではないでしょうか(別に資本主義を否定している訳ではありません)。
 たしかに、企業は競合他社と競争し、切磋琢磨することにより技術は向上し、製品は改良され進化を遂げ、価格も安くなり消費者にはメリットがあります。しかし、企業にとっては競争が激しければ競合他社に食われてしまうリスクがあります。倒産すれば株は紙切れです。
 参入壁が低く競争率の高い市場の王者は、ほんの一時の王者に過ぎません。
 昨今、内需内需と小売やネット関連が人気ですが、参入壁が低いため次々と競合が出現しランキングが変動します。
 極端な話、パソコンがあれば起業できます。AOLは?Yahoo!の次にGoogleが出現・・・ネットバブル。商品を仕入れて売ればそれが商売の始まりです。ヤオハンの末路は?・・・参入壁低すぎです(汗)。
 よって、参入壁が高く、なるべく市場を独占的に支配しているか、数社で寡占的に支配している市場の企業が理想的です。
 独占的企業だって規制緩和なんていうリスクがあります。しかし、上記の小売やネットの競争に比べたらリスクは低いのです。
 独占的寡占的企業は、大型優良株と呼ばれるものが多く、指数株に採用されていたりファンドに好まれます。大型なんて時価総額が既に大きくて、今から何倍にもなるわけない。つまり、伸び代が少ないと言う意見をよく掲示板などで見かけます。
 しかし、じゃあ中国の高度経済成長にもう伸び代は少ないのでしょうか。そんなことはありません。中国は今後10~20年は毎年最低でも6%もの成長率があると言われています。
 長期投資は国や市場の成長に投資する意味合いが強いと思います。
 成長が止まり退化している日本と違って、大型優良株の伸び代が大きいのが、中国株のメリットだと思います。
 長期投資を成功させるためには、高度経済成長の恩恵にあやかり、業績低迷・上場廃止・倒産リスクの確率が低い、大型優良株に手堅く投資するしかありません。
 当たり前過ぎるかな。でも、その当たり前を実行するのが難しいのです。人間は欲の塊です。くれぐれも長期で成長株なんて代物に手を出さないことが肝心です。

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388)東方電気(01072)
陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




スポンサーサイト
    21:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

目指せ中国株の長期投資 【1】

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

 私は、2006年12年に中国株を始め長期投資を目指していました。そして、2008年11月に銘柄の変更を行いました。邱永漢先生の次の言葉を思い出した、と言ってもそれは言い訳に過ぎません。長期投資と言いながら挫折したのです。
 しかし、前向きに考えることにします。私が中国株に参入した2006年12月当時、大型優良株はかなり割高な水域にありました。そこで成長株という名のク○株、ボ○株に手を出してしまったのです。だから、今回の世界金融危機のおかげで、以前からほしかった香港証券取引所(00388)と東方電気(01072)といった優良株をバーゲンセールで購入できたことは幸運でした。
 今度こそ長期投資を目指す所存です。私が目指している長期投資の基礎は、日本の長期投資の第一人者とも言うべき澤上篤人氏の理論です。澤上篤人氏の長期投資の理論を中国株で実践したいと思ったのです。澤上篤人氏の長期投資の理論は、成長の止まってしまった日本より、むしろ高度成長中の中国に向いていると言えるのです。
 澤上篤人氏は次のような投資はダメだと言っています。それは日本株の典型的な投資方法です。

 これまで日本では、「株をやる」という言葉づかいからわかるように、個人投資家の株式投資は、上がっている株価を追いかけては、値ザヤを抜こうとする行動が中心だった。  彼らは相場が上昇し始めると、一刻も早く買わねばと市場に飛び込み、そのままドッタンバッタン値ザヤ取りの売買を繰り返し、天井を打つまで上昇相場につき合う。そして暴落相場にあわてふためき、売り逃げに走り、果ては高値でつかんだ株式の塩漬けに追い込まれる、こんなパターンだった。

 私も日本株をいじっていた時は、こんな感じでした。中国株でもそうなりかけていました。
 しかし、澤上篤人氏は次のような長期投資を提唱しています。

 「10年ぐらい保有していれば、いつかは業績の伸びに支えられて株価は上昇してくれるだろう」と思える企業の株を、株価の暴落時に買って、腹をすえてのんびり持つ、これが長期投資。
〈中略〉
 けれども長期投資家は、みんなが真っ青になっているときにこそ買う。  暴落時になぜ株が買えるか。それは勉強しているからではない。必要なのは気合いだ。「将来、この会社がなくなったら困る、よっしゃ、オレが応援するんだ」、そういう気合いを込めなければダメだ。応援するとは、「こんなにいい会社があるのに、なぜ売るのだ、自分ひとりでも買ってやるぞ」というぐらい気合いのこもったものだ。
 勉強すればするほど買えなくなる。長期投資は理論では買うのではなく、その企業を応援したいという気持で買う。なぜなら、株暴落時は、景気見通しは悪い、赤字決算だし、業績見通しも往々にして悪い。赤字になればPER、ROEはマイナスになる。中途半端に投資の勉強していたら、こういうときは買えない。だから機関投資家はみんなここで売る。
 逆に、景気見通しがよくて、業績がよければ、理論的には買える。生じっか勉強していると、みんなが買って高くなっているときに、買ってしまう。


 では、買ったら買いっ放しでいいのでしょうか。澤上篤人氏は、売り時について次のように述べています。

 長期投資家は「儲け」を考えず、将来いい社会を作りたい、そのためには経済の現場にお金を放り込まなければならない、と考えている。だから、みんなが売っているときに、平気な顔をして、お金をドンと投じて、買う。そして、ずいぶんと経済の状態が良くなってきたな、みんな元気になってきたな、というとき、「そろそろ売っておこう」と考え、利益を確定する。
 計算したり、数字を使っていては、暴落時には買えない。だから長期投資家は計算しない。自分で考え、腹をくくって、将来に向けてやるべきことをやる。
 リターンは後からついてくる。あとで振り返ったら「やることをやってよかった、株価も上がっていてよかった」となる。やるときに計算なんかできるわけないし、しない。
 株式相場が暴落したときに、応援する企業に対して、お金を放り込む。よくなったら売って、利益確定していく。それを繰り返すのだ。
 繰り返すうちに、時間がたてば、結果としてお金が増えている。


(参考記事 : Oh!MyLife:澤上篤人の「資本家的」長期投資入門―「マネー」エキスパートコラム)
 次回、私がなぜ長期投資に挫折したか考えてみたいと思います。

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388)東方電気(01072)
陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




    10:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

利確したい衝動

■目次 全ての記事を表示する

中国株ブログ-

 ・・・そろそろ、利確したい衝動が出始めています(汗)。長期投資家を目指しているというのにまったく未熟でお恥ずかしい限りです。
 こんな時は、邱永漢先生に頼りたいと思います。
 邱永漢先生は、2007年2月16日付「もしもしQさんQさんよ第2534回証券取引所は株の留置場です」において、次のように述べています。

 株価は上に行くと売買がふえますが、下げるとうんと減少します。自分の買値を割ると、損が出ますから、売り渋るようになります。自分の買値より下になると、日本国中が安定株主になってしまうのです。そして、何年でも塩漬けにしてジッとガマンします。それでいて、株価が戻りはじめると、ジリジリして腰が坐らなくなります。特に自分の買値をこえて上昇をはじめると、また下がるのではないかと心配になってあわてて売りに出ます。すると、もっと上がってくやしい思いをさせられます。何年も辛抱したのにとあとで悔んでも間に合いません。
 しかし、それは辛抱ではありません。自分の買値を割って売るに売れなかっただけのことで、言わば牢屋に入れられていたようなものです。それが年期があけた途端に手離すのですから、辛抱したうちに入りません。
 辛抱とは、自分の買値をこえて、いつでも売れるプロセスに入ってからどのくらいこらえられるかということです。大抵の人はこのへんのところで儲けそこなってしまうのです。「株の儲けは辛抱料です」と私が言うのは、こうした誘惑に打ち勝つことができるかどうかを問題にしているのです。
 長い沈滞期を終えて景気が好転すると、今度は株の上昇期に入ります。自分の買値まで戻ればそれから先が長いのです。そこで下りてしまったら、取引所という留置場に入りに行ったようなものです。長い間、留置場に入っていたのに、「売った途端に上がる」のが株なのです。ですから株が上がりはじめたら、すぐに売るとバカを見ます。それを避けるために「株は倍になったら半分だけ売れ」と私は常々言っていますが、


 しかし、中国株は100年に1度の留置場から出所できたのでしょうか?仮出所だったら焦りますね(泣)。
 また、今月のマネーポスト7月号の木下晃信氏の中国に関する記事は、今後の投資方針を考えるのに、たいへん役に立つ内容だと思います。買ってじっくりと読んでしまいました。

私が口座を開いているユナイテッドワールド証券のメリットを説明します。
■ 中国株を扱っていても、銘柄数を限定する証券会社が多い中、ユナイテッドワールド証券では、香港市場に上場するほぼ全銘柄が取引可能、業界最多水準です。
 せっかく優良投資情報サイトで、有望銘柄を買う決心をしたのに、口座を開いている証券会社にその銘柄の取り扱いがない。よくあることです。
■ 口座の維持管理費用である口座管理料が0円です。口座開設も無料です。
 長期投資には、口座管理料0円は必要不可欠です。
■ 携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
■ 香港証券取引所に直結、リアルタイム取引ができます。
 香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
■ 香港ドル口座に入出金する際の為替手数料のみ。香港ドル口座で取引するため売買ごとの為替手数料は0円。
■ 香港のカレンダーにそって営業し、日本が祝日でも香港市場が開いていれば取引できます。
ユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株
香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)
広東電力(200539) 陸家嘴開発(900932)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株に初心者の方は、中国株の掲示板などを情報源に売買をすることは、とても危険な行為です。
 なぜなら、掲示板の情報は主観的でバイアスがかかっています。また、その場その場に流された情報も多く、玉石混淆であることから取捨選択がたいへん難しいのです。
 当たり前のことですが、投資で成功するためには、優良な情報が不可欠です。遠く離れた中国に投資するなら、なおのことです。
 そこで、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博氏の「中国株通信」が優良な情報源として最適です。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしく伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




    13:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

中国のピークアウトはいつか? 【2】

中国株ブログ-

 中国のピークアウトはいつなのでしょうか?
 春山昇華氏は次のように述べています。

 今後40年間は、年平均で約6%程度の安定成長が見込まれています。
(「¥en.SPA!」2009年4月23日臨時増刊号 扶桑社)
 中国のGDPが8%成長に満たない確率は高い。しかし、共産党一党独裁の正当性を維持するために、今のアメリカのように、なんでもありの経済対策を実施すると思う。それをやって初めて四捨五入して8%になるかなと考えている。
 通常状態の中国経済は、7%~8%で十分だし、今後10年~20年という長期的では、もっと下がるのが当然だと思う。
 2000年~2050年を平均すると、6%などという意見がコンセンサスのようだが、そうであれば、2010年以降はゆっくりと成長率が低下していくのだ。
 私が想定している上海万博後の景気後退(現在の景気対策のカンフル効果消滅による)から復活する時のGDP成長率は6%~7%だと思っている。この数値でも非常に高い成長率なのだ。
(ブログ「おかねのこねた」2008年12月28日)


 カテキン氏は次のように述べています。

 来年の話をすると鬼が笑うと言うが、まだ世界恐慌中なのに回復して持ち直した後の事を考えている。02年には07年の一時撤退を考えたのだが、全ての投資稼業からの完全撤退は10年から5年足した2015年としておこう。
 理由は、今回の荒療治により次の景気後退局面は致死量に達する恐れがある事、またその辺で世界も中国も完全に『均されてしまう』と見ているからだ。
(ブログ「カテキンの中国株日記」2009年2月5日)
 つまり、一度10000P越えまで回復した後来年の春に最安値をつけるというような動きをする可能性も十分あるという事。しかし、その後は先進国のようにもう伸びシロがなくなってしまうのではなく、更に10年ぐらいは右肩上がりの成長期が残っている。
 そんな感じではないだろうか・・
(ブログ「カテキンの中国株日記」2009年3月6日)


 前回の戸松信博氏と木下晃信氏のコメントも考慮して、長期的には後10年強は高度成長が続くのではないでしょうか?
 問題は、中国の総額4兆元(約58兆円)にも上る大規模な景気刺激策の反動による景気後退局面です。
 春山昇華氏は、2010年上海万博後を想定しています。
 一方、カテキン氏は、2015年を想定し、完全撤退まで覚悟しているようです。
 それにしても、カテキン氏は年内10000P越えを当てましたね。相変わらず凄いです。しかし、カテキン氏の予想通りなら、来年の春に最安値をつけることに(汗)。

    会社に行く前に中国株に指値を入れて、帰宅して刺さってないと落ち込みますよね。それが株価の上昇といたちごっこになると堪ったものではありません。
その点、ユナイテッドワールド証券では携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
 しかし携帯トレードが可能でも、香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
 以上のことからユナイテッドワールド証券では、取引のタイミングを逃しません。
 私も口座を開いているユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 高度成長を遂げた国の株価がどうなったか?それは私たち日本人がよく知っている事実です。たとえば、日本のリーディングカンパニーであるソニーを考えてみましょう。1955年8月に店頭公開したときには、ソニーの株式は1000株を13万8000円で購入することができました。その後、13回の株主割り当て、無償分割を経て、2000年には、公開当時の1万9000倍にものぼる最高値をつけるに至りました。すなわち、46年間保有し続けただけで26億4295万円に”化けた”計算になります。これはソニーだけの話しではありません。トヨタであれ、ホンダであれ、松下であれ、それこそ日本中のありとあらゆる株が大暴騰したのです。そもそも、日経平均株価指数が戦後の40年間で221倍にもなったのです。では、これからソニー株を買って1万9000倍になるでしょうか?もちろん断定は出来ませんが、既にソニーは大企業ですから、可能性が非常に低いのは想像に難くないと思います。
 しかし、視点をちょっと変えるだけで、過去の日本株を買ってずっと持っていたのと同じような成果を得ることができます。具体的にはどうすればいいのかというと、昭和30~40年代の日本と同じような状況にある開発途上国の株を今買って、ずっと持っていることです。GDPが年間7~9%も上昇しているような中国であれば、過去の日本と同じような株価の上昇が期待できます。つまり、中国株を買うということは、昭和30年代、40年代の日本の株を買うのと同じようなことだと言えるのではないでしょうか。
 皆さんも中国株通信で未来の大企業を見つけてみませんか。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしくお伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




中国株四半期速報2009年春号 」は私も購入している情報源です。
財務情報はもちろん、企業の近況報告など見開き1ページたっぷりの情報が豊富で、嬉しいです。 他と比べても圧倒的な情報量の「中国株四半期速報2009年春号 」を自信を持ってお薦めします。
また、本がネットと違う利点は寝っころがって読めるユルさですね♪



 「渡辺篤史の建もの探訪」は毎週楽しみにしている数少ない番組のひとつです。 今年で20周年を迎えて、記念本が出ました。私は例の靴磨きの少年書店で購入しました。お近くの書店にない場合は、こちらからお買い求めになれます。


「中国株二季報」
正確なデータで中国株投資をお手伝い!お手元に1冊の定番アイテム。税込み3150円。
    22:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

中国のピークアウトはいつか? 【1】

中国株ブログ-

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 中国株急騰でソワソワしている自分を戒めるためにも、今日はまず私の尊敬して止まない投資家の1人である、踏み上げ太郎氏の教えを次の通り学びたいと思います。
 「僕が心がけていることは2つあります。
 ひとつは『相場が高いときは悲しく、相場が安いときは楽しく』という気持ちを持つように心がけています」
 「リズムを間違えないで下さい。
 くどいようですが買い注文というのは恐怖でオシッコちびりそうになりながら入れるもの」
 「兎に角、自分が『買いたい』衝動に駆られた日に買っては駄目」
 「若し自分が苦しみぬいて出した買い注文なら、、、、それがもとで大怪我することは先ずありません」
 「『楽勝だな、、、ちょっと行って見るか?』なんて軽い気持ちで取ったポジションは逆に大やられする場合がしばしばある」
 「いま我々が一番気をつけないといけないこと、やってはいけないこととは:
クサイ株に手をだすこと
ダサい買い方をすること
の2つです。
 物色の対象が拡散しはじめた局面だからこそ、ハイ・クウォリティーの銘柄に投資対象を限ること。
 相場に乗り遅れると「まだ先駆けしていない銘柄は無いかなあ?」と思うわけです。
 そうやって出遅れている株を苦し紛れで探す結果、クサイ株に手を出してしまう、、、。
 或いは良い銘柄でも高値を舞っているときに目を瞑って手を出してしまう。往々にしてそこがスッ高値。これがダサい買い方
(ブログ「いちカイにヤリ」)

 では、踏み上げ太郎氏の教え通り、相場が高い今は悲しくなる話題をしましょう。よって、本日のテーマは「中国のピークアウトはいつか?」
 日本の高度成長期は1974年に終わったと一般的に言われています。では中国の高度成長期はいつ終わるのでしょうか。まあ絶対にわかるはずがない、ということしかわからないのですが(笑)。
 そこで、私が尊敬して止まない著名投資家達の考えを集めてみました。
 戸松信博氏は次のように述べています。
 「29年までは、中国の労働人口は増え続けるといわれています。ピークアウトするとしたら、おそらくそれ以降になるのではないでしょうか」
(「マネージャパン」09年5月号)

 木下晃信氏は次のように述べています。
 「一般的に、最もお金を使う40代の人口が増えるときに景気は上向くと考えられます。米国は減っているので、それが景気鈍化にも影響していくでしょう。中国は今のところ増えていますが、一人っ子政策の影響で、近々消費人口が減り始める。早ければ、10年くらいで成長は鈍化するかもしれません。しかし、先進国となれば、新興国だったときと比べて成長が鈍るのは当然のことですが」
 「中国には軍事力があり、なおかつ国としての規模も巨大。50年もすれば、人民元が基軸通貨になっていないとも限りません。米国と渡り合う潜在力があるのは、世界中で中国くらいだと思います」
(「マネージャパン」09年5月号)

つづく



  会社に行く前に中国株に指値を入れて、帰宅して刺さってないと落ち込みますよね。それが株価の上昇といたちごっこになると堪ったものではありません。
その点、ユナイテッドワールド証券では携帯トレードが可能です(携帯電話によるネット売買)。
 携帯トレードができると、忙しい会社員は、トイレの中で10分もあれば売買できちゃいます。
 しかし、中国株で携帯トレードができる証券会社が以外と少ないのです。中には日本株のみ携帯トレードができて、中国株はできない、という証券会社もありますので、よく確認することが必要です。
 しかし携帯トレードが可能でも、香港証券取引所に直結していない証券会社では、注文画面の株価情報が15分遅れなんてことが多く、売買のタイミングを逃し易くたいへん不便です。
 ユナイテッドワールド証券では、香港証券取引所正会員である子会社経由で、香港証券取引所に直結した専用ラインを構築。リアルタイムでの取引を実現。
 以上のことからユナイテッドワールド証券では、取引のタイミングを逃しません。
 私も口座を開いているユナイテッドワールド証券の資料請求、申し込みは以下より




【保有中国株香港証券取引所(00388) 東方電気(01072)

【祝】ブログ村中国株ランキング1位達成!!
 皆様の応援クリックのおかげをもちまして、ブログ村中国株ランキングにおいて本日5月10日(日)PM16:00現在、初めて1位にランキングされました!!
これも本当にひとえに皆様方の応援クリックのおかげです。厚く御礼申し上げますm(  )m
本当に応援ありがとうございましたm(  )m
ブログという時として孤独な作業の中でたいへん励みになり、モチベーションもUPします。
これからもどうぞ当ブログをよろしくお願い申し上げます。
↓引き続き、ランキングのための応援クリックお願い申し上げます。他の人気中国株ブログも御覧になれ、たいへん参考になります。
にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

 高度成長を遂げた国の株価がどうなったか?それは私たち日本人がよく知っている事実です。たとえば、日本のリーディングカンパニーであるソニーを考えてみましょう。1955年8月に店頭公開したときには、ソニーの株式は1000株を13万8000円で購入することができました。その後、13回の株主割り当て、無償分割を経て、2000年には、公開当時の1万9000倍にものぼる最高値をつけるに至りました。すなわち、46年間保有し続けただけで26億4295万円に”化けた”計算になります。これはソニーだけの話しではありません。トヨタであれ、ホンダであれ、松下であれ、それこそ日本中のありとあらゆる株が大暴騰したのです。そもそも、日経平均株価指数が戦後の40年間で221倍にもなったのです。では、これからソニー株を買って1万9000倍になるでしょうか?もちろん断定は出来ませんが、既にソニーは大企業ですから、可能性が非常に低いのは想像に難くないと思います。
 しかし、視点をちょっと変えるだけで、過去の日本株を買ってずっと持っていたのと同じような成果を得ることができます。具体的にはどうすればいいのかというと、昭和30~40年代の日本と同じような状況にある開発途上国の株を今買って、ずっと持っていることです。GDPが年間7~9%も上昇しているような中国であれば、過去の日本と同じような株価の上昇が期待できます。つまり、中国株を買うということは、昭和30年代、40年代の日本の株を買うのと同じようなことだと言えるのではないでしょうか。
 皆さんも中国株通信で未来の大企業を見つけてみませんか。
 中国株通信では、世界一の経済成長率で成長している中国の株式投資情報を、より詳しく、分かりやすく、そしてやさしくお伝えしています。
 中国株通信は、1日100本以上あがってくる有力外資のアナリストレポートや圧倒的な資金を運用する華僑投資家ネットワークなどから得られる、弊社ならではの情報をフル活用した、中国株投資の情報サービスです。もちろん、内容は濃いままに、株をやったことのない初心者の方にもご理解していただきご活用していただけますように、出来る限り優しくご説明しております。
 中国株通信の資料請求、申し込みは以下より




中国株四半期速報2009年春号 」は私も購入している情報源です。
財務情報はもちろん、企業の近況報告など見開き1ページたっぷりの情報が豊富で、嬉しいです。 他と比べても圧倒的な情報量の「中国株四半期速報2009年春号 」を自信を持ってお薦めします。
また、本がネットと違う利点は寝っころがって読めるユルさですね♪



 「渡辺篤史の建もの探訪」は毎週楽しみにしている数少ない番組のひとつです。 今年で20周年を迎えて、記念本が出ました。私は例の靴磨きの少年書店で購入しました。お近くの書店にない場合は、こちらからお買い求めになれます。


「中国株二季報」
正確なデータで中国株投資をお手伝い!お手元に1冊の定番アイテム。税込み3150円。
    16:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
全記事表示リンク
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

チャイナシャドー

Author:チャイナシャドー
■ 会社員
■ 70年代生まれのO型 既婚 2人の子持ち
■ 住所:Tokyo BetTown
■ 趣味:YMO 映画鑑賞
■ ペット:柴犬マリちゃん
■ 愛車:HONDA/ODYSSEY

メールアドレス
11chinashadow11○gmail.com
(アドレス中の○を@に変換してから送信願います)

訪問者数
いつも御覧いただきまして、ありがとうございます。
相互リンク
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
投資は自己責任
当ブログに掲載されている情報は、情報提供を目的としたものであり、特定商品や投資の勧誘を目的としたものではありません。 最終的な投資判断はご自身の判断と責任によってなされるものであり、この情報に基づいて被ったいかなる損害について当ブログは責任を負いません。
中国市況

中国株 関連サイト




中国株の第一人戸松信博が中国株で利益を獲得するプロジェクトを実施中!
詳細は今すぐ こちらをクリック!


中国株投資の基礎から銘柄選びまで一冊でOK!
中国株二季報

Google AdSense
人気ブログRANKING
中国株・投資関係の人気上位のブログが御覧になれます。
ブロとも申請フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。